青汁の効果口コミは嘘?私の本音体験談【比較結果ランキング】

失敗する前に!私の体験談から語るマズい青汁と飲みやすい青汁の違い

青汁なら、どれも一緒だろうと思っていた時期がありました。
しかし、実際に飲んでみると、各メーカーごとに味・臭い・喉越しが全く違うことに驚きました。

私が1番初めに購入した青汁はスーパーで売っていた青汁です。
メーカー名は聞いたことも無いところでしたが、大麦若葉100%ということと、600種類以上の農薬を不検出とのことでしたので、安全だろうと思い購入したのですが、いざ、飲んでみると、牛乳で割ったのにもかかわらず、青臭くてしょうがありませんでした。
また、口に含んだ瞬間ザラっとした舌触りが口中に広がり、喉の奥に粉っぽさがへばりつくような喉越しでした。

その後、えがおの青汁や青汁三昧ふるさと青汁等約10種類以上もの青汁を実際に飲んでみて、青汁というものは各メーカーによってこんなにも違いがあるんだと実感したのですが、私のようにスーパー等で手軽に買った青汁で、青汁とはこういうものなんだと思ってしまった方も大勢いらっしゃるかと思うんです。
青汁はまずいものと思っている人にこそ、えがおの青汁や青汁三昧を飲んでいただきたいです。
きっと青汁の価値観が変わると思います。

意外と知られていない喉越しの重要性

青汁というと、臭い・味についてを最重視するという方が多いかと思うのですが、意外に重要なのが、喉越し・舌触りということをご存知でしょうか。

最近は、飲み易い青汁というものが増えてきていますが、本当に飲み易い青汁というのは実際はそんなに多くありません。

確かに、臭いの少ない青汁、苦味が無い青汁というのはよく見かけますが、粉末に関しては粒子が粗い・繊維状に残ってしまっている青汁も少なくなく、粒子が粗ければ粗いほど、溶け残りが目立つようになりますし、喉越しや舌触りが悪い青汁となります。

臭いが多少残っている青汁は、牛乳や豆乳、ジュース等で割ることによってある程度臭いをマスキングすることが出来るのですが、喉越し・舌触りに関してはそうもいきません。

えがおの青汁は「喉越しが気になる…。」という声に応え、美味しさや栄養価をそのままに、試行錯誤を繰り返した結果、微粉末化を実現し滑らかな喉越しの青汁を誕生させました。

「多少のザラつきは残ります」といった文言を掲載している青汁メーカーもありますが、企業努力によってザラつきは最小限にまで抑えられるということをえがおの青汁が証明してくれていますので、食物繊維ですから~といった答えで逃げるのは企業の甘えであり、努力が足りないと思わざるを得ませんね。

冷凍青汁ってどうなの?

粉末タイプの青汁を10種類以上飲んでみて、青汁についてどのようなものかある程度わかったつもりでいたので、やはりここは、ザ・青汁とも言える冷凍青汁を飲んでみなくてはいけないと思ってしまったのが運の尽き(笑)

冷凍青汁を販売しているメーカーは少ないので、伏せていてもあまり意味が無いのかもしれませんが、某メーカーの冷凍青汁を購入してみた結果、あまりの臭いの強烈さに戦う前からKOです(笑)

いかに今まで飲んできた青汁が飲みやすかったのかを痛感しました。

既に戦意喪失していますので、早いとこ主人に押し付けたい気持ちは山々だったのですが(笑)、飲んでみないことには青汁を語る上で説得力がないと思いましたので、意を決して一口。

息を止めてなんとか飲み込んだのですが、口中に青臭い臭いが充満したため、息を止めた理由があまりありませんでした(苦笑)
直ぐに牛乳を一気飲みしたのですが、牛乳の後味と、青汁の後味が混ざって更に微妙な感じになったのは言うまでもありません。

冷凍タイプの青汁は、粉末タイプの青汁と比較すると、ケール100%だけあって栄養価が高いのが特徴的なのですが、やはり非常に飲み辛いのは否めません。

また、1パックそこそこのサイズのため、冷凍庫を占領することになりますので、結構邪魔です。
冷凍青汁に挑戦してみたい!という方は間違ってもいきなり箱買いしてはいけません!まずは少量パックでお試しになることをオススメします。

シェーカーの使い勝手はどう?

メーカーによっては、初回購入者にはシェーカーがプレゼントされることも多いので、我が家には何個もシェーカーがあります。

神仙桑抹茶ゴールドのお茶村のシェーカーは特徴的な形をしていますが、基本的にはどのメーカーも似たような形をしているため、蓋を取り違えてしまうことも少なくありません。
(もしメーカーさんが読まれていたら、蓋に分かり易くメーカー名を記載することを検討して頂きたいです(笑))

そのため、しっかり閉めたつもりでも、シェイクした瞬間に青汁が飛び散ってしまい、ちょっとした惨事を引き起こしてしまうこともしばしば…。

朝の忙しい時間帯に緑の液体が飛び散ると、朝からどっと疲れてしまいます。(ちなみに青汁は色素が非常に強いため、牛乳割り等で色素を薄めた場合でも中々色を落とすことが出来ません。シェイクする際には十分にご注意ください。)

そのため、最近ではシェーカーを使うことを避けるようになってしまいました。(苦笑)
(お茶村のシェーカーを使えばいいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、お茶村のシェーカーは哺乳瓶型で洗うのがとても面倒臭いんです。)

その点、えがおの青汁はシェーカーを使わなくてもきちんと溶けてくれるので本当に助かります。

一番良い青汁はコレ!【10コ試した私の結論】

マイケアのふるさと青汁
マイケアふるさと青汁
公式ボタン

 

TOP > 【注意】青汁で失敗しないために > 失敗する前に!私の体験談から語るマズい青汁と飲みやすい青汁の違い


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)