青汁の効果口コミは嘘?私の本音体験談【比較結果ランキング】

ケールの青汁より美味しい!お茶風味で飲みやすい青汁のおすすめはこれ!

お茶っぽさを大々的にウリにしているのは、お茶村の神仙桑抹茶ゴールドです。
神仙桑抹茶ゴールドは、桑の葉を主原料とした青汁で、緑茶がブレンドされています。
お茶職人が伝統の抹茶製法で仕上げた自慢の味は、主婦モニターの20人中20人が、「これは青汁じゃなく抹茶」と答えたとのことですから、味に自信有りという感じがビシビシと伝わってきますね。

※抹茶製法…抹茶製法とは乾燥させた葉を細かくすり潰し、そのまま粉ごと飲むことで茶葉の栄養素を丸ごと摂取出来るという伝統的な製法です。

実際に、神仙桑抹茶ゴールドを飲んでみるとわかるのですが、神仙桑抹茶ゴールドは青汁特有の青臭さが一切なく、お茶そのものの香りがします。
また、味に関しても、お茶と言われて出されても青汁だとはまず気が付かないでしょう。(抹茶というよりは緑茶っぽいです。)
そのため、食事のときにお茶代わりとして飲んでも全く違和感がありません。

で・す・が。

神仙桑抹茶ゴールドは牛乳や豆乳、ジュース等に割るのはあまり向きません。
神仙桑抹茶ゴールドのアレンジとしてヨーグルトや牛乳割りが紹介されているのですが、牛乳割りは、ほぼ牛乳そのものですし(抹茶・オレを期待するとガッカリします。)、ヨーグルトにいたってはお茶味のヨーグルトというなんとも言えない味になってしまいましたので、神仙桑抹茶ゴールドは、水、お湯、緑茶等に割るのが1番美味しい飲み方だと思います。

他に抹茶風味を歌っている青汁として、青汁三昧があります。
青汁三昧は、青臭さや苦味、クセが全くないので、お茶のような感覚でゴクゴクのめてしまう青汁です。
お茶の存在感としては、神仙桑抹茶ゴールドのほうが強いといえるのかもしれませんが、控えめな分、ジュースや牛乳に混ぜても違和感がなく美味しくいただけます。
勿論煎茶や緑茶に混ぜても違和感はありません。

ちなみに、10種類以上の青汁を牛乳割にした結果、1番抹茶・オレのような風味だなと思った青汁は、えがおの青汁です。
えがおの青汁も、青汁特有のクセや苦味、臭いが全くない青汁ですので、水割りやジュース割り等でも違和感なく美味しく飲むことが出来る青汁なのですが、牛乳と混ぜると、ほのかに抹茶の香りが漂ってくるから不思議です。

余談ですが…。

最も抹茶っぽくないと思ったのは、DHCの青汁+豆乳です。
口コミの中には、抹茶ミルクっぽいといった口コミを見かけたので、ちょっと期待していたのですが、抹茶とはかけ離れた臭いがしていますので、DHC 青汁+豆乳には抹茶・オレを期待しないほうがいいと思います。

itibanosusume

一番良い青汁はコレ!【10コ試した私の結論】

マイケアのふるさと青汁
マイケアふるさと青汁
公式ボタン

 

TOP > 結局どの青汁がおすすめなの? > ケールの青汁より美味しい!お茶風味で飲みやすい青汁のおすすめはこれ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)