青汁の効果口コミは嘘?私の本音体験談【比較結果ランキング】

青汁、本当にマグネシウム豊富?【成分の含有量で比較してみました!】

マグネシウムには、心筋梗塞の予防、狭心症の予防、筋肉痛の緩和、イライラの抑制防等に効果がある栄養素です。

カルシウムとマグネシウムは性質が似ており、相互作用によって正常な血圧を保っているため、カルシウムとマグネシウムはバランスよく摂取することが大切です。
(カルシウムは吸収率が低いので、カルシウム3:マグネシウム1のバランスが良いでしょう。)

マグネシウムの1日当たりの推奨量は成人男性で310mg、成人女性で250g(妊娠中は285g)とされており、上限値は男女共に700mgとされています。

アルコールを大量に摂取すると、尿と一緒にマグネシウムが排出されてしまいます。

また、激しい運動をしている人は汗と共にマグネシウムが排出されてしまいますので、積極的にマグネシウムを摂取するように心がけましょう。

粉末100gあたりに含まれているマグネシウムの含有量を比較してみた結果、大麦若葉190mg、ケール44mg、桑の葉316mg、明日葉26mgという結果となりました。

では、実際の青汁に含まれているマグネシウムの含有量はいかほどでしょうか?

egao.jpg
えがおの青汁
3.67mg(1袋3.5g中)
fancl_aojiru_hunmatsu.jpg
ファンケル青汁粉末
8.3~17mg(1本4.2g中)
lemon.jpg
レモンの青汁
不明
youjou.jpg
養生青汁
2.5mg(1本3g中)
honey.jpg
はちみつ青汁
不明
img10321808001.jpg
神仙桑抹茶ゴールド
不明
dhc.jpg
DHC青汁+豆乳
不明
ashitaba_20.jpg
ふるさと青汁
3.3mg(1包3g中)
aojiru_img6.jpg
極の青汁
不明
60hou.jpg
青汁三昧
1.85mg(1包3g中)

マグネシウムの含有量はファンケルの青汁粉末が最も多いという結果になりました。

では、カルシウムとのバランスについてはどうでしょうか。

カルシウムとマグネシウム、両方を開示しているメーカーのみで比較してみましょう。

えがおの青汁
カルシウム…9.2mg(1袋3.5g中)
マグネシウム…3.67mg(1袋3.5g中)

ファンケル青汁粉末
カルシウム…46~75mg(1本4.2g中)
マグネシウム…8.3~17mg(1本4.2g中)

養生青汁
カルシウム…10mg(1本3g中)
マグネシウム…2.5mg(1本3g中)

青汁三昧
カルシウム…16.98mg(1包3g中)
マグネシウム…1.85mg(1包3g中)

カルシウム3:マグネシウム1のベストバランスの配合となっているのは、えがおの青汁と養生青汁ですね。

ちなみに、えがおの青汁以外、カルシウム量が多いのですが、えがおの青汁はマグネシウム量のほうが多いということにお気づきでしょうか?
つまり、えがおの青汁は牛乳で割ることで、よりベストなバランスでカルシウムとマグネシウムを摂取することが出来るということですね。

itibanosusume

一番良い青汁はコレ!【10コ試した私の結論】

マイケアのふるさと青汁
マイケアふるさと青汁
公式ボタン

 

TOP > 結局どの青汁がおすすめなの? > 青汁、本当にマグネシウム豊富?【成分の含有量で比較してみました!】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)