青汁の効果口コミは嘘?私の本音体験談【比較結果ランキング】

ケールの青汁はもう古い?桑の葉と明日葉の栄養成分を比較してみました!

 

青汁の主原料といえば、ケールか大麦若葉を想像するという方が大半かと思いますので、桑の葉や明日葉はピンと来ない方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、桑の葉や明日葉には栄養素が豊富に含まれており、次世代の青汁といっても過言ではありません。

 

ちなみに、桑の葉を主原料とした青汁は神仙桑抹茶ゴールド、明日葉を主原料とした青汁はふるさと青汁が有名です。
個人的には、むくみを解消することの出来るふるさと青汁がとても気に入っているのですが、果たして結果は…!?

 

それでは早速具体的な数値で比較してみたいと思います。(項目を網羅している成分表がなかったため、いくつかの成分表を合算しています。)

 

成分表(粉末100gあたりの成分)

栄養 単位 桑の葉 明日葉
エネルギー Kcal 365 33
たんぱく質 g 17.8 3.3
脂質 g 6.6 0.1
糖質 g 57.8 6.7
食物繊維 g 52.9 5.6
βカロテン μg 7400~30000 5300
ビタミンB1 mg 0.59~0.6 0.1
ビタミンB2 mg 1.35~1.55 0.24
ビタミンB6 mg 1.87 0.16
ビタミンC mg 31.6~196 41
ビタミンE mg 2.8
ビタミンK μg 500
葉酸 μg 620 100
パントテン酸 mg 0.92
ナイアシン mg 4~160 1.4
ナトリウム mg 2.6~39.9 60
カリウム mg 2700~3101 540
カルシウム mg 2350~2699 65
マグネシウム mg 316 26
mg 7.54~44.1 1
リン mg 238 65
亜鉛 mg 0.6
mg 0.16
マンガン mg 1.05

 

主原料対決の最後を飾る桑の葉VS明日葉。

 

結果は、桑の葉の不明な栄養素を考慮しても桑の葉の勝利ということになりそうです。

 

しかしながら、明日葉にはカルコンやクマリンが含まれていますので、成分表の数値だけでは比較しきれません。

 

何故こんなにもカルコンを推すのかと言いますと、カルコンとは明日葉以外の植物には殆ど含まれていない成分で、これほどまでにカルコンが含有されている植物は皆無といっても過言ではないからです。

 

カルコンの働きとして、血糖値を下げる働きがあります。

 

カルコンにはインシュリンと同じような作用があるため、血糖値を下げることで糖尿病を予防することが出来る他、糖尿病の発症そのものを抑えることが出来たという報告もあります。

 

また、カルコンには抗がん作用や遺産の抑制、内臓脂肪の解消、強い抗菌作用、脳梗塞の予防等にも効果があると言われていますので、明日葉には栄養価だけでは計れない効果があるということお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

itibanosusume

一番良い青汁はコレ!【10コ試した私の結論】

マイケアのふるさと青汁
マイケアふるさと青汁
公式ボタン

 

TOP > ライバル青汁商品の徹底比較 > ケールの青汁はもう古い?桑の葉と明日葉の栄養成分を比較してみました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)