青汁の効果口コミは嘘?私の本音体験談【比較結果ランキング】

ケールと明日葉の青汁を比較してみました!栄養が豊富なのはどっち?

大麦若葉VSケール、ケールVS桑の葉では、圧倒的な差をもってケールが惨敗する結果となりました。
それでは、新しい青汁の原料として注目を浴びている明日葉とではどうでしょうか。

 

またしても土が付く結果となるのか、それとも一矢報いることが出来るのか…!

 

それでは早速具体的な数値で比較してみたいと思います。

 

成分表(粉末100gあたりの成分)

栄養 単位 ケール 明日葉
エネルギー Kcal 28 33
たんぱく質 g 2.1 3.3
脂質 g 0.4 0.1
糖質 g 5.6 6.7
食物繊維 g 3.7 5.6
βカロテン μg 2900 5300
ビタミンB1 mg 0.06 0.1
ビタミンB2 mg 0.15 0.24
ビタミンB6 mg 0.16 0.16
ビタミンC mg 81 41
ビタミンE mg 2.4 2.8
ビタミンK μg 210 500
葉酸 μg 120 100
パントテン酸 mg 0.31 0.92
ナイアシン mg 0.9 1.4
ナトリウム mg 9 60
カリウム mg 420 540
カルシウム mg 220 65
マグネシウム mg 44 26
mg 0.8 1
リン mg 45 65
亜鉛 mg 0.3 0.6
mg 0.05 0.16
マンガン mg 0.55 1.05

 

1つ1つの栄養素を比較してみると、ケールが優れているものもあれば、明日葉が優れているものもありますが、全体的にあまり大差がないという結果になりました。

 

正直、主原料の比較を行う前までは、全ての野菜において、野菜の王様と称されるケールの方が圧倒的な差をもって勝つと思っていました。
ケールこそが最強の野菜であり、ケールこそが最強の青汁だと…。

 

しかし、主原料の比較をしてみて、大麦若葉、桑の葉の栄養価の高さを思い知り、明日葉までもがこんなにも高い栄養価を誇っているということを知り本当に驚きました。

 

青汁=ケールという概念はそろそろ捨てたほうがいいのかもしれませんね。

 

栄養価が少ないわけじゃない!

主原料の比較をした結果、ケールの栄養価は、明日葉と同等程度、大麦若葉や桑の葉と比較すると大差で負けているという結果になったのですが、ケールの栄養価が少ないというわけでは決してありません。

 

他の野菜に含まれている栄養価と比較した場合、ずば抜けて豊富な栄養価を誇っていることは間違いありません。

 

また、栄養価の高い冷凍青汁として販売しているのは、ケールの青汁だけですので、味や臭いに癖があっても栄養価の高い青汁を飲みたいという方には、冷凍青汁が最も適切とも言えます。

 

ただ粉末等の青汁においては、あえてケールが主原料のものを選ぶ必要もないのかなという気もします。

 

えがおの青汁は、大麦若葉が主原料の青汁ですが、桑葉やケール等も使われていますし、青汁三昧は、大麦若葉、ケール、ゴーヤーがバランスよく配合されています。
これらの青汁はケールが主張していませんので、青汁特有の臭みや苦味が全くありませんので、非常に飲み易いですし、栄養価においても申し分ありません。

 

もし、臭いや味を我慢してケールの粉末青汁を飲んでいるというのであれば、青汁を変えてみるのも1つの選択肢かと思います。

 

itibanosusume

一番良い青汁はコレ!【10コ試した私の結論】

マイケアのふるさと青汁
マイケアふるさと青汁
公式ボタン

 

TOP > ライバル青汁商品の徹底比較 > ケールと明日葉の青汁を比較してみました!栄養が豊富なのはどっち?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)